NEWS
お知らせ

普通救命講習会 ~救急車が来るまでに自分たちにできること~

 7月6日(火)南越消防組合東消防署の方を講師としてお招きし,各運動部代表と3年生看護系大学進学志望生徒を対象とした「普通救命講習会」を開催しました。命が助かる可能性は時間とともに減っていくのでその場に居合わせた「自分」が勇気をだして行動する大切さを学び,心肺蘇生やAEDの使い方などの実技にも真剣に取り組んでいました。

 胸骨圧迫では「強く,早く,絶え間なく」行うことの難しさも体験,「部活動で,もしもの場面があったら積極的に行動したい」と頼もしい感想が聞かれました。この講習会は毎年実施しており,参加した生徒には,普通救命講習Ⅰの終了証が発行されます。

   

PAGE
TOP